一般事務とは色が違う

手を上げる女性

貿易事務はその名の通り、貿易に関する事務を行う仕事です。一般的な事務よりも手続きが煩雑であり、英文での書類作成の機会や確認が多いため、難易度の高い業務と言えます。また、スピードが求められることも多いので、即戦力になれる人が向いています。ただし、テンプレートが用意されている場合も少なくないといわれるため、ある程度高い英語力があれば、初心者でも働くことは可能です。派遣先は商品を輸出入する商社やメーカー、船会社など様々で、業務内容や必要なスキルは若干違います。共通していえるのは、輸出業務と輸入業務に分けられるということです。輸出業務では、通関書類を作成したり輸出通関や運送便、倉庫の手配を行ったりします。一方、輸入業務で行うのは、関税及び消費税の納付や輸入通関手配、商品の納入管理などです。国際物流や船会社に派遣された場合は、物流コーディネーターとして、貨物輸送の最適ルートを提案します。その後商社やメーカーなどに移ると、ステップアップとなります。こちらでの業務は主に海外の業者との交渉や受発注、船積みの手配です。ワールドワイドな仕事に就いていることを実感しながら働けます。一般事務から貿易事務に移ってくる場合は、海貨業者や倉庫会社に就くのが良いかもしれません。貿易事務の中では、未経験者から仕事を始めたという人が最も多い職場といわれます。こちらでは商社やメーカーの輸出入に関する業務を代行します。読み書きできる程度の英語力と正確で速い事務処理能力があれば良く、通関士の資格があればなお良いでしょう。

時給が高いことで人気のある事務

地球

未経験で貿易事務の派遣社員として働く場合は、当然ながら給与は低めに設定されます。相場としては時給1300円から1800円ほどです。経験が豊富になるにつれ、時給アップが期待でき、2000円以上もらえる可能性もあります。時給を上げるためには、通関士の資格を取るのも有効です。時給1600円で働けば、ボーナスがなくても年収300万円は期待できます。年収は一般事務よりも高いことがほとんどで、残業が多いことも金額を上げる要因になっています。残業はひと月15時間から30時間を想定しておくと良く、作業スピードが遅ければ残業時間は延びてしまうかもしれません。

正社員を目指すなら

男女

貿易事務は時給が高いことはもちろんですが、働きながら専門知識を得られていく面白さがあるため、中々人気のある仕事となっています。スキルアップを図っていけば、いずれ正社員に就くことも理想ではありません。正社員になれれば年収もアップするでしょう。もっとも手っ取り早いのは、紹介予定派遣で働くことです。3ヶ月から6ヶ月の派遣期間を経た後に、直接雇用が叶います。派遣期間中に会社の雰囲気を知ることができ、業務にも慣れることができるので、就職後にミスマッチが起きるリスクを抑えられます。

広告募集中