HOME>オススメ情報>目的を明確にして応募する企業を紹介してもらう

目的を明確にして選ぶこと

就職活動

建築や土木の施工管理の経験がある人が、転職先を探している場合、転職をする目的を明確にして応募先を選ぶことが重要となります。基本的には工事現場の仕事は労働時間が長く、激務となる職場が多いので、これまで働いていた職場よりも労働時間が短い所を探している人は、応募先企業の労働時間や休日について調べておく必要があります。収入をさらにアップさせたいという人やこれまで以上に難しくて価値のあるプロジェクトに携わりたいという人は、目的に応じた企業を探すことが重要です。転職エージェントなどを利用することができれば、転職目的をしっかりと伝えることで、理想の施工管理の職場を紹介しもてらうことが出来るでしょう。

特徴をきちんと理解して仕事を探す

ヘルメットを持つ男性

施工管理の業務にも様々なものがあり、土木工事や建築工事、電気工事や設備工事などの仕事の種類があるので、しっかりと自分の働きたい施工管理の職場をイメージしておくことが重要です。建築工事の現場でも、大規模な建築物に携わっていく職場や戸建て住宅の現場などがあり、それぞれ働き方には特徴があるでしょう。大規模な工事現場の仕事の特徴としては、地方の現場などで長期間働くこともあるので、転勤がある職場も多いことを理解して転職先を探す必要があります。

仕事の特徴を質問して理解すると良い

作業員

工事現場の施工管理でも戸建て住宅に携わっている会社では、小規模な現場を複数掛け持ちすることが特徴となります。大規模な現場経験がある人であっても、戸建て住宅の施工管理に転職する場合には、仕事のやり方の違いをきちんと理解しておくことが重要となります。転職先の情報などは転職エージェントなどに質問をすると詳しい情報を教えてもらえることが多いので、事前に細かいことを質問して仕事の特徴を理解しておくことが重要です。

広告募集中